« ■陶喆●新たな高みを目指す二年半ぶりのニューアルバム■ | Main | ■張韶涵●透明感あふれる歌声■ »

2005.01.25

■劉允樂●中性的で不思議な雰囲気をたたえた新人■

ASIEN第232号

劉允樂 かつて“8866”というレーベルのオーナーとして中国娃娃(ChinaDolls)などを世に送り出し、作詞家でもある許常徳(シュィ・チャンダァ)氏が新たに立ち上げたレーベル、“大無限”。このレーベルから登場した最初のアーティストが劉允樂(カルバン・リウ)。まだまだマイナーなレーベルですが、先日見かけた台湾のCDショップ大手“五大唱片”では、劉允樂のデビューアルバム《劉允樂》が、売り上げトップ20に入っていました。今年に入ってから発売さればかりのこのアルバム、なかなか好調なスタートを切っているようです。

 アルバムのジャケットを見れば、その横顔が中学生に見えてしまうくらい童顔の劉允樂。ところが一九七八年台中生まれということですから、ことし二十七歳? おや、意外に歳くってます。小学校五年生まで台湾で過ごしたあと家族でカナダへ移り、UBC(ブリティッシュ・コロンビア大学)で経済学を修めたという変わった経歴の持ち主。また敬虔なクリスチャンなのだそうで、アルバムに入っている歌詞集の写真には胸に入れられた大きな十字架型のタトゥーが。自分でデザインしたというこのタトゥー、アルバム発売を記念して入れたのだそうです。ジャケットの横顔も、よく見れば耳にピアスがずらっと入ってますし、ルックスに似合わずけっこうパンキッシュなに~ちゃんのようですね。

 このアルバムに収められた十曲、いずれも自分で曲を書いてはいませんが、歌唱力はなかなかのものです。特にその外見からは意外なほど野太い声の《最後一次周禱告》や、ていねいな歌い方が好印象の《允樂》、英語のラップを披露している《I Don’t Want a Girl Like You》など、安定した歌声は単なるアイドルの範疇には収まりません。経歴からは見えてきませんが、どこで音楽を学んだんでしょうね。上述の《允樂》はウォン・ビン主演の韓国映画《My Brother(台湾での題名:來不及對你説/邦題:うちの兄貴)》の中文版主題歌にもなっています。

 オフィシャルサイトでは劉允樂自身のブログ日記も公開されています。アルバム発売以来の心情やら感慨やら、心を痛めていることなどなどがちまちまと綴られるこのブログ、ファンがコメントを書き込むこともでき、それに劉允樂自身が応えていたりして、身近な等身大のアイドルという路線を打ち出しています。ビジュアル的には中性的でどこか近寄りがたい雰囲気もあるのですが、一方では「守ってあげたい」と思わせるような線の細さを大切にしているようですね。そのせいかどうかはわかりませんが、大陸のとある携帯電話の着メロダウンロードサイトでは“女歌手”のカテゴリーに入れられちゃったりしています(笑)。(銭衝)

 オフィシャルサイトはこちら。http://www.calvinliu.net/

|

« ■陶喆●新たな高みを目指す二年半ぶりのニューアルバム■ | Main | ■張韶涵●透明感あふれる歌声■ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20732/2693355

Listed below are links to weblogs that reference ■劉允樂●中性的で不思議な雰囲気をたたえた新人■:

« ■陶喆●新たな高みを目指す二年半ぶりのニューアルバム■ | Main | ■張韶涵●透明感あふれる歌声■ »