« ■張韶涵●透明感あふれる歌声■ | Main | ■蔡健雅●独特のセンスを感じさせる安定した歌唱力■ »

2005.02.22

■王心凌●キュートな魅力あふれるニューアルバム《Honey》■

ASIEN第236号

Honey 発売以来好調な売れ行きを見せ、歌手としてもワンランク上がった感のある前作《愛你》から約一年、王心凌(シンディ・ワン)待望の新作《Honey》が登場です。しかも前作で評判の悪かったCCCD(コピー・コントロールCD)のくびきからめでたく解き放たれてのリリース。いや~、めでたい。今回も前作に負けず劣らずキュートな魅力あふれる一枚に仕上がっています。

 小柄な体格で一見華奢な外見ながら、歌にダンスに元気いっぱいの王心凌。とはいえ挑みかかるようなアグレッシブさではなく、どこかコミカルで軽いテイストを大事にしているのがこの人の魅力です。アルバムのタイトルにもなっている冒頭の《Honey》は、どこか七十年代のダンスナンバー《YMCA》を思わせるようなノリのよい曲(ちょいと牽強附会?)。かわってぐっと現代的な《翹翹板》はなんとなくBoAあたりが歌いそうな曲想ですが、歌声もアレンジもずっと「小作り」。きちんと自分らしさを追求しています。

 《木馬屠城記》は映画『トロイ』に想を得たと思いきや、しかしそんな古戦場とはなんの関係もありません。「好きな人を『落城』させるのは大変だけど、でも負けないんだもんね~」というような歌詞で、心地よい脱力感に襲われます(笑)。《跳吧》は、元ネーネーズで沖縄島唄のベテラン・古謝美佐子が孫のために作った子守歌『童神』のカバー。前回のアルバムにも『亜麻色の髪の乙女』のカバーを入れていましたが、こういう曲をひとつ持ってくるのが好きなようですね。また《青春考巻》は、このアルバムの発売元であるエイベックス所属のダンスユニット・Sweetsの『虹色の永遠』のカバーです。アルバムには携帯電話用の特製ストラップつき。ちょっとキュートすぎて、男性が使うのは勇気がいりそうですが……。

Honey ところでアルバムの発売に合わせるかのように(というか、絶対合わせてるんですけど)、発売初日の二月十八日、メディアには王心凌と范植偉(ファン・ジーウェイ)の恋愛について記事が載りました。以前から恋仲の噂があった二人ですが、今回は范植偉のほうが「より一歩進んだ関係」との発言があったよし。映画《偵探(探偵)物語》がクランプアップしたばかりと伝えられる范植偉、二十五歳という節目の年を迎え、これまで以上に結婚や子供について考えるようになった、というのですが……まあこれはアルバム発売に対する范植偉からのリップ・サービス程度に捉えておくのが妥当な線なのでしょう。

 余談ですが、これまで一貫して寡黙でクールな印象でメディアへの露出度もあまり高くなかった范植偉、今回はなんとこれまでのイメージを大胆に覆す「ちりちりヘア」で周囲の度肝を抜きました。王心凌と范植偉、どちらもファンの私としては二人に向かってそれぞれ言いたいです――「それでいいのか~!?」(銭衝)

エイベックス台湾のオフィシャルサイトはこちら。
http://www.avex.com.tw/cyndi/

|

« ■張韶涵●透明感あふれる歌声■ | Main | ■蔡健雅●独特のセンスを感じさせる安定した歌唱力■ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20732/3039076

Listed below are links to weblogs that reference ■王心凌●キュートな魅力あふれるニューアルバム《Honey》■:

« ■張韶涵●透明感あふれる歌声■ | Main | ■蔡健雅●独特のセンスを感じさせる安定した歌唱力■ »