« ■辦桌二人組●人情味あふれる若手台湾語デュオ■ | Main | ■石康軍●デビューアルバムの「売り」はその声域の広さ■ »

2005.03.24

■周杰倫●「愛国主義歌曲」選定に漂う違和感■

ASIEN第240号

 周杰倫(ジェイ・チョウ)の《蝸牛》が「愛国歌曲」に――。先週台湾で、非常に地味な内容ながらひときわ目をひいたニュースがこれ。上海市の教育委員会が中学生に対して推薦する百曲の「愛国主義歌曲」、その一つに選ばれたというのですが、折しも大陸の全人代における、台湾独立を阻止するためには武力行使も辞さない旨を明記した「反国家分裂法」の採択と相まって、台湾ではかなり話題になりました。最初このニュースにテレビで接した際、私はテロップの《蝸牛》をなぜか《鬥牛》と見間違えてかなりとまどいました。周杰倫のファーストアルバムに収められたあのラップもクールな《鬥牛》が「愛国主義歌曲」?……と。

 《蝸牛》はアルバム《范特西》の特別バージョン《FANTASY + PLUS》についてくるEP盤に収められている、周杰倫作詞・作曲の作品。確かもともとは許茹芸(ヴァレン・シュー)や齊秦(チー・チン)・動力火車(パワーステーション)・熊天平(パンダ・ション……最近とんとお見かけしませんが)らに提供した台湾基金会のチャリティ・ソングだったはず。一歩一歩前を向いて歩む意志をカタツムリになぞらえた歌詞は、なるほど健全で「愛国歌曲」に選ばれるのもわからなくはありません。それでも漂ってしまうこの違和感はいかんともしがたいものがありますねえ。

 この「愛国歌曲」にはほかに劉徳華(アンディ・ラウ)の《中國人》や、今年の春節聯歓晩会で成龍(ジャッキー・チェン)が勇ましく歌っていた《真心英雄》なども選ばれています。こちらは何となく得心がいくラインナップ(笑)。ただ一ファンとしては、アーティストの個人的な心情や政治的立場はともかく、ポップスの楽曲を政治とあまり絡めてほしくないですね。私見ですが、劉徳華や成龍はともかく、周杰倫がこういう扱いを喜ぶとは思えませんし。まあ上海市教育委員会からすれば、んなこと「知ったこっちゃない」んでしょうけれど。(銭衝)

|

« ■辦桌二人組●人情味あふれる若手台湾語デュオ■ | Main | ■石康軍●デビューアルバムの「売り」はその声域の広さ■ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20732/3422815

Listed below are links to weblogs that reference ■周杰倫●「愛国主義歌曲」選定に漂う違和感■:

« ■辦桌二人組●人情味あふれる若手台湾語デュオ■ | Main | ■石康軍●デビューアルバムの「売り」はその声域の広さ■ »