« ■台湾人は年に一本しか映画を見ない?■聯合報 | Main | ■孤戀花●ドラマと映画が同時に公開される話題作■ »

2005.04.20

■林俊傑●サードアルバム《編號 89757》は未来風■

ASIEN第243号

74 JJこと林俊傑(リン・ジュンジエ)のサードアルバム《編號 89757》を聞きました。昨年のセカンドアルバム《第二天堂》でも、《江南》をはじめとするヒット曲を数多く世に送り出したJJですが、一年を経ずして発売された今回のアルバムもハイレベルな仕上がりになっています。

 《編號 89757》というのはロボットの番号。アルバムタイトルにもなっているこの曲はウィル・スミス主演の映画『アイ、ロボット』にインスピレーションをうけて作られたとか。西暦3005年、アンドロイドがコンピュータ・ウィルスに感染し、ご主人様を愛してしまうといった設定なんだそうで。そういえばアルバムについている歌詞集の写真も、JJの眼はみな機械的なアンドロイドふう。「心を持ってしまった機械」というテーマは決して目新しいものではありませんが、そこはそれ、JJならではの音楽性の高さで聞かせてくれます。すべてが自身の作曲。歌のうまさはあいかわらずです。

 アルバムがそうしたコンセプトで貫かれているため、今回はどちらかというとかなりクールな印象の楽曲がそろっている感じがします。個人的には前作のアルバムに収められていた《豆漿油條》のようなほのぼのとした曲も好きなのですが、もともとこの人は未来的なイメージの楽曲が好きなようですね。いくつかの楽曲のテイストはファーストアルバムの《就是我》にそっくりだったり、《就是我》の一部をコラージュ的にそのまま使っていたりして、この路線は今後も頑固に追求していくのでしょう。

 他にも《盗》という曲が収められていて、これは先にレコード会社との間で発生したちょっとしたトラブルに基づいています。このトラブル、セカンドアルバムで大ヒットした《江南》を、JJ側の許可を得る前にレコード会社が自社所属の歌手にカバーさせてしまったというもの。すでに決着ははかられているようですが、海賊版を痛烈に皮肉ったとおぼしきこの曲できっちりお返ししているあたり、JJもなかなか骨がありますね。

 このアルバム、初回プレス分のみ「89757特製ネックレス」がついています。けっこうずっしりと重い金属製。私は別にいらないけど……(笑)。(銭衝)

|

« ■台湾人は年に一本しか映画を見ない?■聯合報 | Main | ■孤戀花●ドラマと映画が同時に公開される話題作■ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20732/3777682

Listed below are links to weblogs that reference ■林俊傑●サードアルバム《編號 89757》は未来風■:

« ■台湾人は年に一本しか映画を見ない?■聯合報 | Main | ■孤戀花●ドラマと映画が同時に公開される話題作■ »