« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.11

■鄧麗君●没後十年 生前大陸に寄せた想いと反発■

ASIEN第245号+聯合報

4163668403 一九九五年五月八日、鄧麗君(テレサ・テン)がタイのチェンマイで客死してから今年でちょうど十年。台湾は台北縣金山郷にある彼女のお墓には、今年も多くのファンが訪れました。お墓を囲みテレサを偲んで交わされる言葉には、台湾國語(北京語)だけでなく広東語も多く聞かれ、また大型連休を利用して来たとおぼしき日本人の姿もあちこちに。没後十年を経ても、変わらぬ人気のほどがうかがえます。

 タイで死亡が確認された際、テレサが所持していたのはベリーズ(カリブ海の小国です)のパスポートでした。彼女の弟によると、彼女は生前このパスポートを使って大陸にも行きたいと願っていたそうです。「一度上海の外灘(バンド)を見てみたい」というのがその願いだったようですが、どうしても大陸の土を踏む決心がつかず、とうとうその願いをかなえることなくこの世を去りました。

 台湾では早くから“軍中情人”“愛國歌手”と呼ばれた彼女は、大陸の共産党政権に対する反感が強かったと言われています。大陸側でもテレサの歌を“靡靡之音(退廃的なメロディ)”と形容するなど、日本での「演歌歌手」というイメージとはかなり趣を異にする、彼女特有の政治的な立場がありました。とはいえ改革開放が始まった八十年代初頭、大陸では「昼は大鄧(鄧小平)の話を聞き、夜は小鄧(テレサ)の歌を聞く」と言われたほど彼女の歌は大衆に愛されていたのです。

 そうした人気を受けて、大陸でのコンサートが何度も計画されましたが、そのたびにテレサは首を横に振っていました。「大陸でコンサートを開いても、聞きに来るのは共産党の幹部ばかり。私の歌を愛してくれる一般の人々には届かない」というのがその理由。一九八四年に香港のホンハムでコンサートが開かれた際も、会場に軍服姿の共産党幹部が多く座っているのを見るや『中華民國頌』という曲を歌って、軍服の一団が席を立ったというエピソードも残されているほど。

 歌手デビュー二十周年を迎えた一九九〇年には、天安門広場でビデオコンサートを開く計画もありました。これはテレサが「中国四大美女」の楊貴妃・西施・貂嬋・王昭君に扮したMVを制作し、それを無料で上映するというもの。無料ならば一般の人たちも聞くことができるとテレサもこのプロジェクトに乗り気だったようですが、一九八九年の天安門事件で計画はあえなく頓挫してしまいました。

 没後十年を経て、今年は彼女を回顧するさまざまな動きが見られます。桂林では香港・赤柱(スタンレー)にある生前の住居をそのまま模した記念館が建設されていますし、この四月にはDVDとCD、それに書籍がセットになった『テレサ・テン歌姫伝説』が発売されました。また評論家の有田芳生氏が三月に上梓した『私の家は山の向こう――テレサ・テン十年目の真実』も現在翻訳が進められており、この八月にも中文版が出版される予定です。(銭衝)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

■孤戀花●ドラマと映画が同時に公開される話題作■

ASIEN第244号

scene02 昨年から一年近く撮影が続けられてきた、曹瑞原(ツァオ・ルイユァン)監督の《孤戀花》。テレビドラマ版と映画版が同時並行で制作されるという試みに注目が集まっていましたが、この春にようやく完成、ドラマ版は今月中旬から放映が始まり、映画版も来月には公開の運びとなりました。

 《孤戀花》は台湾の作家・白先勇(バイ・シェンヨン)の代表作。曹瑞原監督は二年前にも白先勇の《孽子》を台湾の公共テレビ(NHKにあたる)でドラマ化して好評を博しています。《孤戀花》は二十年前に一度映画化されており、今回は再制作になりますが、実は《孽子》もかなり昔に映画化されていたものをリメイクした作品。白先勇の小説作品がいかに台湾では長く読み継がれ、人気があるかを物語っています。

 キャストは、これも《孽子》でその熱演が好評だった[度-又/尺]宗華(トゥオ・ゾンホァ)が参加しているほか、李心潔(アンジェリカ・リー)と袁詠儀(アニタ・ユン)の競演も話題です。とくに李心潔と袁詠儀はお互いに愛し合う仲……なんだそうで、同性愛をテーマの一つにした《孽子》同様、この作品もまた広く注目を集めそうです。

 ロケは上海と台湾でそれぞれ行われたようですが、上海では撮影中に録音技師が軍靴の響きと日本語の号令を聞くという「怪異現象」があったとか。この作品は第二次世界大戦末期から一九六〇年代までの歴史が背景にあり、日本統治時代の台湾・日中戦争・国共内戦などが絡んだストーリー展開になっています。そんな背景もこの「怪異現象」が真実味を増す結果となったのかもしれません。

 《孤戀花》は台湾ではよく知られた古い曲で、《孽子》でもその哀愁漂うメロディーが効果的に使われていました。今回のドラマと映画でも、《孤戀花》のほか《夜上海》《魂榮舊夢》《黄昏故故郷》《港都夜雨》など、オールド上海やその後の時代をしのばせる数々の名曲が使われており、台湾でも一定年齢以上の世代には懐かしいテイストに仕上がっているようです。すでに放映が始まっているテレビドラマ、いずれ《孽子》と同様にDVD化されるといいですねえ。(銭衝)

レトロな風情が美しい公式サイトはこちら……http://www.tsaofilms.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »