« ■三和電影公司●台湾ニューウェイブの牽引役■ | Main | ■周華健●四軒目のレストランに投資■ »

2005.06.29

■朱孝天●大陸での撮影に戦々恐々■

ASIEN第249号+聯合報

 北京で映画『遠東国際大審判』の撮影に参加している朱孝天(ケン・チュウ)、本人と周りのスタッフがいま最も気を使っているのは、宿泊場所のセキュリティ。というのも昨年、ドラマ『天空之城』の撮影中に共演の李冰冰(リー・ビンビン)との親密なツーショットがマスコミに流れ、大々的に報道されてしまったという苦い経験があるためです。

 このときは北京の五つ星のホテルに宿泊していたのですが、あろうことかホテル側が監視カメラの映像を横流ししたとかで、すでに裁判にまで発展しています。朱孝天は今回、ホテルではなく一般の住宅を借り切って宿泊場所にあてました。もちろんそれがどこなのかは「最高機密」なんだそう。「たとえ六つ星だろうと、一般住宅のほうがいい」と、前回の騒ぎにかなり懲りた様子です。

 先日も上海でドラマ『八大豪傑』の撮影に臨んでいた陳冠希(エディソン・チャン)が、深夜ファンの女性にホテルの部屋まで押しかけられるという騒ぎがあったばかり。大陸での人気のほどがうかがえますが、部屋に押しかける「直接行動」の他にもひっきりなしに電話がかかってきたりしたそうで、これはもうストーカー行為と紙一重。ファンの自重を求める声とともに、ホテル側の受け入れ態勢にも批判が高まっています。

 さて朱孝天の参加しているこの映画、題名からすると日本で言うところの「極東軍事裁判」をテーマにしているようですが、詳細はまだあまりネット上に流れていません。脚本を担当しているのは『笑傲江湖』などの作品で知られる黄建中(ホァン・ジェンジョン)監督のようで、朱孝天の役どころは華人記者だそう。日本人記者を演じる林煕蕾(ケリー・リン)と恋に落ちるという設定のようです。ほかに曽志偉(エリック・ツァン)、劉松仁(ダミアン・ラウ)らが共演、さらには陳道明(チェン・ダオミン)や、日本の高倉健まで参加という噂が流れていますが、さて……。いずれにしても朱孝天にとっては、これまでとはかなり趣の異なる作品になりそうですね。(銭衝)

|

« ■三和電影公司●台湾ニューウェイブの牽引役■ | Main | ■周華健●四軒目のレストランに投資■ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20732/4756499

Listed below are links to weblogs that reference ■朱孝天●大陸での撮影に戦々恐々■:

» 監視カメラ [セキュリティ技術・知識図鑑]
監視カメラ監視カメラ(かんしカメラ)は、様々な目的で監視をするためのテレビカメラのこと。広義にはカメラに加え取得した映像の伝送・処理およびディスプレイ|表示機能を含む監視システム。一般の目に触れるものとしては、防犯を主な目的(防犯カメラ)として、商店(小売店)や銀行など金融機関、公的機関の天井などに...... [Read More]

Tracked on 2005.07.04 at 05:51 AM

« ■三和電影公司●台湾ニューウェイブの牽引役■ | Main | ■周華健●四軒目のレストランに投資■ »