« ■周華健●四軒目のレストランに投資■ | Main

2005.06.29

■台湾アイドルのムックがまたひとつ■

ASIEN第251号

 韓流ブームの跡を追いかけるようにして、このところ華人アイドルのムックが次々に出版されています。『恋してるっ!! 台流スター』(角川書店)が第三冊目まで出ているのをはじめ、『台流エンタメ・コレクション』(キネマ旬報社)、『アクターズ・スタイル台湾』(竹書房)などなどが次々に発売されました。そして今週(六月二十七日)発売になったのが『アジアン台風』(日本文芸社)。「アジアン」とはいえ、紹介されているのはすべて台湾のアイドル。韓国からの流れで「韓流」なら、その向こうを張って台湾からの風で「台風」……と。

 で、このムックの中で、とりわけウェイトがかけられているのがやはりF4。現地台湾では、正直アイドルとしての「旬」を少々過ぎてしまった彼らですが、日本でのブレイクはまだまだこれから。四人揃っての来日となった四月二十七日の記者会見を筆頭に、言承旭(ジェリー・イェン)主演ドラマ『白色巨塔』の制作発表会見や、四月の来日に先立つ周渝民(ヴィック・チョウ)の単独来日、朱孝天(ケン・チュウ)の香港ライブや大阪でのイベント、呉建豪(ヴァネス・ウー)と周杰倫(ジェイ・チョウ)が共演した映画『自行我路』の話題など、記事が盛りだくさんです。

 このほかにも、陳伯霖(チェン・ボーリン)、陶喆(デビット・タオ)、許紹洋(アンブロウズ・シュー)、邱澤(ロイ・チウ)といったおなじみの顔ぶれから、これまで日本への紹介はまだまだ少なかった郭品超(ディラン・クオ)、羅志祥(ショウ・ルオ)、ダンカンこと周群達(チョウ・チュンダー)、彭于晏(エディ・ポン)らのインタビューも充実。本の作りやデザインは先行している類似本とあまり変わらない雰囲気ですが、より通好みというか、これから大きくブレイクしそうなアイドルを率先して紹介しています。

 最近のファンは、インターネットを駆使してかなり細かい情報までリアルタイムに収集していますが、それでも言葉の壁などで多少のもどかしさを感じていた人も多いはず。そういったファンには読み応えのある記事が多いと思いますし、また大判の写真やポートレイトはこうしたムックならではの楽しみでしょう。はたしてこの「台流」いや「台風」、本当に「韓流」に匹敵する勢いに成長していくのでしょうか。(銭衝)

|

« ■周華健●四軒目のレストランに投資■ | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20732/4756528

Listed below are links to weblogs that reference ■台湾アイドルのムックがまたひとつ■:

« ■周華健●四軒目のレストランに投資■ | Main